正しい保湿のしかた

【正しい保湿のしかた】

 

 

化粧水を塗った後に、
ほとんどの方は


乳液やクリームを
塗るスキンケアを
していますよね。


それらにも
合成界面活性剤が
配合されているので、


肌荒れをおこしたり、
乾燥肌が進んだりします。


お肌が強い方は、
合成界面活性剤で
皮膚構造が壊されても、


皮膚を修復する能力が
高いので
肌荒れをおこしません。


お肌が弱い方は、
良かれと思って塗る
乳液やクリームのせいで
肌荒れが進行するのです。


乳液、クリームをやめて
オイルを使いましょう。


オイルにもさまざまあります。


乾燥が強い方は
オレイン酸を多く含む
オリーブオイルや
椿オイルが良いでしょう。


ただし、オレイン酸は
ニキビの原因になるので


乾燥していても
ニキビが出る方は
他のオイルにしましょう。


ホホバオイル、アルガンオイル、
馬油、マカダミアナッツ油。。。


様々なオイルがありますので
ご自分のお肌に合ったオイルを
さがすのも良いですね。


乾燥肌、ニキビ肌、敏感肌
アトピー性皮膚炎、
様々なお肌に使えるのが
スクワランオイルです。


ワイエスラボ
保湿オイル、美容オイルは
純度の高いスクワランオイルです。


ご自分のお肌に合うオイルを
見つけられない方は


こちらをお薦めします♪

 

 

 

化粧水の水滴が少し残る手に、
オイルを1~数滴取り、
手のひらに広げます。


「正しい化粧水の塗り方」のように
1か所あたり10秒ほど
数えながら
お顔を包む感じでなじませます。


すっかり水分がなくなるまで
なじませましょう。


合成界面活性剤や
他の有害な化学物質を含む
化粧品を使うのをやめて、


本当の無添加の化粧品を
お使いいただいていると


お肌が自ら潤えるように
なってきます。


そうなったら、化粧水も
保湿のためのオイルも
必要なくなります。


それが、本当の美肌なのです。

 

 

アーカイブ

 
▲pagetop