音楽の都ウィーンへ

【音楽の都ウィーンへ】

 

 

プラハから電車で5時間くらいで行けるので、

憧れのウィーンへ行くことにしました。

 

 

プラハは駅も美しい♡

 

 

プラハ中央駅の構内でも

やはり化粧品類はたくさん売られていて、

女性達の美意識が高いのがうかがわれます。

 

でもね。。。。

これらが原因でお肌の調子が悪くなっているって

気が付いている人はほとんどいないんだろうな。。。

 

 

プラハ中央駅構内で

野菜スープと野菜スムージーの

ファストフード店を見つけたので、

 

それらをいただきながら

電車が何番線に来るのかの情報を待って、

出発時間ギリギリにやっとアナウンスがあって、

重たい荷物をもって走ってホームへ♪

 

 

無事に予約の席を見つけてほっと一息。

 

 

席がお部屋になっていて

いろいろな国からの4人が向かい合って

つたない英語で会話しながら

5時間の電車の旅を楽しみました。

 

 

ウィーンへ到着!

ウィーンでは公共交通機関の中では

マスクが今でも必要。

 

街中でも

他の国よりはマスクしている人が結構いました。

 

 

ウィーンも夜街歩きしても

安全と教えてもらって、

ぶらぶらしていると

モーツアルトの像見っけ♪

 

 

そしてピアノのお店。

 

 

 

ウィーン国立歌劇場

 

 

 

 

美しい音楽を聴きたくなります♪

 

 

そして美しく着飾って

オペラやコンサートに行く人達がたくさん歩いている。

 

 

あ~私は今回ジーンズや

カジュアルな服しか持ってきていない。

キレイなドレスない(涙)

 

 

ウィーンはまた今度改めて来て

キレイに着飾ってオペラに行くんだ!!!と決めました♪

 

 

次の日は早起きして

シェーンブルン宮殿へ

 

世界遺産シェーンブルン宮殿は

ハプスブルグ家の居城で

女帝マリア・テレジアが愛した宮殿です。

 

 

6歳のモーツアルトが

招かれてピアノを演奏したお部屋に入ると

当時の感動が目に浮かんできました✨✨✨

 

 

ここはシェーンブルンの丘の上に建っている

グロリエッテ。

 

 

マリア・テレジアの娘マリー・アントワネットも

15歳までシェーンブルン宮殿で暮らしました。

 

 

グロリエッテは

フランスへ嫁いだマリー・アントワネットからの勧めで

マリア・テレジアが建てたもの。

 

 

今はグロリエッテの中はカフェになっていて、

ウィーンっぽい午後のひと時を過ごさせていただきました♡

↑ ↑ ↑
アプフェルシュトゥルーデルという

アップルパイは最高に美味しかった~~~

 

 

旅先では甘いものでも

身体に悪いものでもなんでも食べる^^

 

 

夜はウィーン料理のお店に行って

席を担当してくれたかわいい女性に

 

 

これぞウィーン!というお料理をくださいとオーダーしたら

これらが来ました。

 

 

前菜は食べてても

食材が何かよくわからなかった。。。

 

 

このカツレツのようなもの

すごい大きいの。

私の顔くらいある。

 

 

全部食べ切れなく

外の衣を残させていただきました。。

 

 

すごい美味しかったかというと

そうでもなかったけど、

ウィーンを味わいましたよ♪

 

 

ウィーンには素晴らしい美術館も

たくさんあります。

 

 

美術史美術館では

 

フェルメール『絵画芸術』

 

 

ブリューゲル『バベルの塔』

 

 

素晴らしい作品がたくさんありました♪

 

 

何年か前に東京都美術館に

『バベルの塔』が来日しましたが、

 

 

そちらは

 ロッテルダム ボイマンス・ファン・ブーニンゲン美術館所有の

「小バベル」と言われているもので、

 

 

今回ウィーンのを見に行ったとき、

あれ?前に見たのと違う!!!ってググったら

今回のは「大バベル」というのだそうで。。。

 

 

とっても目の保養にも勉強にもなりました^^

 

 

↑ ↑ ↑

シュテファン寺院の美しさにも圧倒されました。

 

 

 

ウィーンの最終日

ホテル勤務の女性とたくさんお話をしました。

 

 

白ニキビに悩んでいるとのことで、

スキンケア方法や

使っている化粧品の化学物質の話をしたら、

 

 

そうだったんだ~~~~。。。って

びっくりしていました。

 

 

つたない英語なので

どこまで伝わったかは分からないけど。。。。

 

 

とにかく

女性の肌の悩みの原因は全世界共通だな。。。って

ウィーンでもしみじみ思いました。

 

 

ウィーンを後にする道すがら

水道工事をしているところに遭遇

↑ ↑ ↑

こんな水道管から供給された水って 

有毒な鉛やその他の重金属たくさん含まれているよね。。。

 

 

外からは見えないところに
身体やお肌が病気になる原因があるっていう象徴だな。。。

 

 

日本の水道管も新しいものは

重金属が流出しないように加工されているけど、

まだまだこういう水道管多いんですよ。

 

 

どこにいても浄水器は必須です!!!

 

アーカイブ

 
▲pagetop