たった1分の簡単な習慣で美肌になる方法

【たった1分の簡単な習慣で美肌になる方法】

 

 

私が実践するようになって、

肌がツヤツヤして若返り、

毎日深い幸せを感じるようになった方法をお伝えします。

 

 

それはスキンケアするときに

あることをするだけです。

 

 

そのあることとは。。。。

 

 

まずはその方法に至った過程を

お話させていただきますね。

 

 

きっかけは左小指を骨折したことです。

 

 

手術を受けると、

仕事を休んだり、

仕事中にできないことも発生するし、

患者さんや周りのスタッフに迷惑をかけることになるし、

 

 

自分の生活も不自由になるので、

初めは手術しないぞ!と思っていました。

 

 

でも、ふと思ったんです。

私は私自身を大事にしていないって。

 

 

そして手術を受けることにしました。

 

 

その決断によって

私はとっても大切なことを学ぶことができました。

 

 

手術後、左手を濡らしてはいけないので、

すごく不自由な生活になりました。

 

 

診療中もできないことがあり、

患者さんやスタッフに迷惑をかけることが多くありました。

 

 

今までは人に迷惑をかけたくない、

かけてはいけない。

と生きてきたのが、

 

 

できないことはできないから、

お願いします、

助けてくださいと言えるようになりました。

 

 

そして、何故いままで

人に迷惑をかけることを

極端に恐れていたのかを考えたとき、

 

 

 

私は人に嫌われたくない。

そして「自分が無価値である」ことを感じたくないんだ。と、

再度気が付きました。

 

 

再度というのは

いままでもずっとそれが自分の人生の課題で、

全然解決できていなかった

私の心の闇だと知っていたから。

 

 

これまで本を読んだり、

自己啓発のセミナーを受けたりして、

「自分を愛する」ことが解決方法だと何度も見聞きしたけど、

 

 

どうやって自分を愛することができるのか

わからずにいました。

 

 

それがやっとわかったんです。

簡単なことでした!

 

 

私がずっと提唱してきたスキンケアですが、

化粧液や保湿オイルを、

両手にとって

 

 

一か所につき10秒数えながら

ふわーっとお顔を包み込むようにして、

 

 

手を違う場所に移動してまた10秒、

優しく、やさしく包み込むという方法ですが、

 

 

術後は左手を濡らしてはいけないので

スキンケアをするときも右手だけ。

 

 

普段の何倍も時間がかかりました。

 

 

そうしたら鏡を見ている時間が

増えました。

 

 

いままでは鏡を見るときは、
自分のことを大事にしていないから、

 

 

昔のニキビ跡がひどいな。。。とか

このシワ醜いな。。

毛穴が開いてるな。。。

ブスだな。。。って

 

 

小さいころに毎日言われていた
「ブス」という言葉と

 


肌荒れが酷かったころの

自分の気持ちが思い出されて、

自分をさげすむ時間になっていましたが、

 

 

健常だった時の左手ちゃんと、

今がんばってくれてる右手ちゃんに感謝しながら、

ゆっくりスキンケアしていたら、

 

 

今まで鏡に映る自分の瞳なんて見たことなかったけど、

瞳が何かを訴えている感じがしたんです。

 

 

そこで、

いままでは目を閉じてスキンケアをしていたのを、

 

 

鏡の中の瞳をじっと見ながら

「由香ちゃん愛してる」

「由香ちゃん愛してる」・・・・・

って言いながらお肌を手で包み込んでみたら、

 

 

最初は涙が出てきて、

その後すごい幸せな気持ちになったんです。

 

 

10秒数える代わりに

「由香ちゃん愛してる」を5回。

 

 

その日から毎朝、毎晩それを実践していたら、

すべてのことが良い方向に向かうようになったんです。

 

 

お肌はつるつるになり、

いつも時間に追われて苦しくなるのがなくなり、

人からの評価が全く気にならなくなり、

自分の無価値感がなくなり、
周りの人が大好きになり、

縮こまっていた自分が一気に解放されました。

 

 

本当に自分を愛せるようになったんです!!!

 

 

脳は単純なんですね。

自分の言葉を信じるのです。

 

 

何故そんなことが起こるのかは

ちゃんと解明されているようで、

そのことについては、

また機会を改めることとして。。。

 

 

とにかく言葉に出すことが本当に大事なようです。

 

 

肌トラブルで私のところにいらっしゃる患者さんは

鏡を見るのを嫌がります。

私も肌荒れがひどいときは鏡を遠ざけていました。

最近でも自分をさげすむ時間でしかなかった。

 

 

いままで患者さんには心のケアも

必要なのだと思っていたけど、

どのように進めていいのかわかりませんでした。

 

 

でも、きっとこの簡単な方法であれば

実行していただけるかな。。。と期待して、

多くの方にお伝えしていきたいと思いました。

 

 

 

あなたもご自分の下の名前、

小さいころに呼ばれてた〇〇ちゃん、

今も呼ばれているお名前でも、

ご自分でしっくりくる呼び方で、

 

 

化粧液や保湿オイルをお肌に浸透させるとき、

すごく忙しくても、

心に余裕がないときも、

大変なことがあるときも

子育て中で時間がなくても。。。

 

 

たった一分だけ、

鏡でご自分の瞳を見て、

自分を批判する気持ちが出てきても無視して、

深呼吸して、

 

 

「〇〇ちゃん、愛してる!」

を心をこめて5回、

 

 

次の場所に手を移動して

「〇〇ちゃん、愛してる」を繰り返してもいいし

「〇〇ちゃん、大好き」でも

「〇〇ちゃん、かわいいね」でも

「〇〇ちゃん、美人だね」でも

「〇〇ちゃん、ありがとう」でも

 

 

ご自分をほめる言葉を

きちんと声に出して言ってみてください♪

 

 

最初は何も感じないかもしれません。

すごくイヤな感じがするかもしれません。

そんなことないって抵抗が出てくるかもしれません。

 

 

でも、毎日続けるの。

そしたらいつか本当に自分のことが愛せるようになって、

本当に幸せに、そして美肌になれると思います!

 

 

この動画のお肌を包みこむときに、

目を閉じるのではなく、鏡を見ながら

「〇〇ちゃん、愛してる!」って5回ずつですよ~♪

 

クリック ↓ ↓

 

 

 

▲pagetop