ミートボールは捨てられるはずの肉から作られる

Pocket


【ミートボールは捨てられるはずの肉から作られる】

 

 

あるメーカーの
ミートボールは


捨てられるはずの肉
形はドロドロ、水っぽく味がない


そんな肉に
組織状大豆たんぱくというものを加えて


ビーフエキス、化学調味料
ラード、加工でんぷん


結着剤、乳化剤、着色料
保存料、PH調整剤、


酸化防止剤等を添加し
また、添加物だらけのソースをからめて


真空パックに詰め、
加熱殺菌されて作られた


ミートボールに見える
食べ物です。


20~30種類の
添加物が使われています。


本来なら産業廃棄物として
捨てられる肉を


大量の添加物を投入して
食品に仕立て上げたものです。
(『食品の裏側』より)


そんなミートボールを
知らずに食べていることを
怖いと思いませんか?

 

 

Pocket

▲pagetop