本当の無添加化粧品とは?

本当の無添加化粧品とは
Pocket


一般の化粧品には、
無添加・自然派・低刺激性化粧品
謳われるものも含めて、

 

 

 

合成界面活性剤・防腐剤・香料・着色料
合成ポリマー・アルコール、他にもたくさん

 

 

 

お肌のトラブルになり得る物質が
含まれていることをご存じでしたか?

 

 

 

それらを化粧品に配合してもいいか、
またどれくらい配合しても良いかの基準値は
厚生労働省が定めています。

 

 

 

「基準値」が決まっている理由は、
量が多いと有害だからです。

 

 

 

2001年4月から、化粧品のすべての成分を
表示することが義務づけられました。

 

 

 

「全ての成分を書いてあります。
何か問題があっても、
購入したあなたの判断ですからね。」

と自己責任が求められているのです。

 

 

 

でも、化粧品ラベルに並んでいる
カタカナを見ても、
何が何だかわからないので、

 

 

 

成分を本当に理解して購入される方は
とても少ないと思います。

 

 

 

「一流メーカーが作っているのだから大丈夫。」
「誰もが使っているものだから、
変なものであるはずがない。」

 

 


そう信じて、有害な化学物質を、
お肌に塗りこんでいるのです。

 

 

 

そもそもなぜ、化粧品には
たくさんの化学物質が
配合されているのでしょうか。

 

 

 

理由は大きくわけて3つあります。

 

 

(1)     化粧品の使い勝手をよくする

(2)     腐らないように長持ちさせる

(3)     安価に大量生産する

 

 

 

突き詰めると

「化粧は簡単に済ませたい。」

「取り扱いがラクなのがいい。」

「長持ちする化粧品がいい。」

 

 

 

といった消費者の要求と、
企業の利益のために
有害な化粧品が製造されてきたのです。

 

 

 

私たちみんなが化粧品の真実を知って
賢くならなければ、

 

 

 

これからも有害な化粧品は
蔓延していくでしょう。

 

 

 

~次の記事~

 

何故、本当の無添加化粧品なのか?

 

化粧品に含まれる添加

 合成界面活性剤

 防腐剤

 合成ポリマー

 着色料

 香料

 ナノ粒子

 

お肌に悪い化粧品

 お肌に悪いクレンジング

 お肌に悪い無添加化粧品

 お肌に悪いオーガニック化粧品

 日止め止めはお肌を老化させる

 シワを作るアイクリーム

 パックはしない方がいい

 酵素洗顔は皮膚を溶かす

 スクラブ洗顔は皮膚を壊す

 金、プラチナがお肌をボロボロにする

 お肌に悪いボディソープ

 お肌に悪いシャンプー類

 毒入りお風呂

 

すっぴんって何?

 

植えつけられた固定観念

 

急には止められない基礎化粧品

 

手作り化粧品と同じ成分

 

しばらくはつらい日々がある

 

簡単な手作り化粧品

 

 

本当の無添加化粧品とは

Pocket

▲pagetop