活性酸素から体を守る

Pocket


【活性酸素から体を守る】

 

 

私たちは、
生きていくうえで
酸素が欠かせません。


しかし、その酸素が
体にとって有害にもなるのです。


リンゴを切って
空気に触れると
茶色く変色します。


これは金属が
サビるのと同じように、


リンゴに含まれる物質が
酸素と結びついて
起きる現象です。


人間の体にも同じく
「サビ」が生じます。


酸素はもともと
不安定な分子で、


体内に入ると
数パーセントが


体の細胞に有害な
活性酸素になります。


本来ならば、
体内に侵入した
ウイルス、細菌から


私たちの体を守ってくれる
活性酸素ですが、


増えすぎると
健康な細胞まで攻撃し、
体がサビてしまうのです。


活性酸素が増える
原因として、


紫外線、喫煙、ストレス、
過度の運動、過度の飲酒、


食品添加物、農薬等が
挙げられます。


それらを出来るだけ避けて
生活していても、


体内での活性酸素の発生を
100%抑えることは
出来ません。


そこで活性酸素から
体を守ってくれる
「抗酸化物質」を摂取すると、


体をサビから守り、
美肌にもつながります。


抗酸化物質は
野菜類、果物類


お茶、そば、豆、ゴマ、
香辛料、海藻等に
含まれます。


抗酸化物質を
バランスよく摂取して、


体をサビつかせず、
美肌を目指しましょう。

 

Pocket

▲pagetop