良質な睡眠が美肌を作る

Pocket


【良質な睡眠が美肌を作る】

 

 

良質な睡眠をとることは、
お肌にはとても大切なことです。


寝ている間に
皮膚は修復されます。


寝不足の次の日に、
お肌の調子が悪いのは、

みなさんも経験したことが
ありますよね?


また、風邪をひいて
体調が悪いのに、


睡眠時間をたっぷりとった後
お肌がいつもより
キレイなのは、


長い睡眠によって
お肌が修復されたからです。


特に眠り始めの約三時間は
成長ホルモンの分泌が盛んになり、


コラーゲンの生成が
活発に行われます。


化粧品、暴飲、暴食、
紫外線等で傷ついた皮膚は


成長ホルモンのおかげで
再生されるのです。


しかし皮膚の再生には
6時間くらいかかるので、


睡眠時間が短いと
肌の修復がうまく行われません。


肌のゴールデンタイムという
言葉を聞いたことがありますか?


夜10時から深夜2時の間の
時間のことで、


美肌のために、
その時間には寝ているのが
いいとされている時間のことです。


これは人間の体内時計に
したがって生活をすると、


その時間に寝ることで
成長ホルモンが活発に分泌され
美肌を保てるという理論です。


しかし、現代の私たちの生活では、
なかなかその時間に就寝するのは
難しいですよね。


個々の生活に応じて、
規則正しく就寝時間を決め、
良質で十分な睡眠をとればいいと思います。


では、どうしたら
良質な睡眠をとれるのでしょう。

 

 

それには、
寝る環境を整えることが大切です。


環境を整えるコツを
挙げていきますね。


○寝酒は良くありません。
アルコールは脳を活性化します。


○少なくとも寝る前
2~3時間は何も食べない。

消化器が働いていると
熟睡できません。


○カフェインを控える


○寝る前はぬるめのお風呂で。
熱いお風呂は眠気が吹き飛びます。


○就寝1時間前は照明を暗くする。

眠りを促すメラトニンは
暗くなると分泌量が増えます。

パソコンや明るい光は
メラトニンの分泌を妨げます。


○自分に合った寝具で寝る。

枕の高さ、ベッドの柔らかさは
快適ですか?
下着の締め付けはありませんか?


○寝る前の軽いストレッチや
ヨガがお薦め。


一番大事なのは
睡眠時間を確保しようとする
気持ちです。


朝起きなくてはいけない時間から
逆算して


少なくとも6時間半くらい前には
ベッドに入りましょう♪

 

 

~美肌のための生活習慣 目次~

 

運動が美肌を作る

 

湯船に浸かる

 

岩盤浴・溶岩浴・サウナ

 

紫外線を防ぐ

 

姿勢を良くする

 

ストレスをためない

 

煙を避ける

 

規則正しい生活をする

 

温泉とお肌

 

 

 

Pocket

▲pagetop