日焼け止めはお肌を老化させる

Pocket


【日焼け止めはお肌を老化させる】

 

 

お肌には紫外線が大敵です。

 

 

お肌に影響を与える紫外線には
UVA(紫外線A波)と
UVB(紫外線B波)があります。

 

 

UVAは皮膚の深い真皮層まで到達し
コラーゲンを変性させるため、
深いしわの原因になります。

 

 

また皮膚の色が黒くなる日焼けは
このUVAの働きです。

 

 

窓ガラスも通すので、
屋内にいてもUVAの影響を受けます。

 

 

UVBは皮膚が真っ赤になって
炎症を起こす日焼けの原因になります。

 

 

エネルギーが強く、皮膚の細胞に
ダメージを与えるため
皮膚がんやシミの原因になります。

 

 

お肌に悪い紫外線を避けるためには、
一般的に日焼け止めを塗ることが
必要とされています。

 

 

日焼け止めには2種類あり、
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤に
分類されます。

 

 

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収し、
それを別のエネルギーに変えることで
肌への侵入を防ぐものです。

 

 

成分表示に「オキシベンゾン」や
「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」等の
化学物質の記載があれば、
それは紫外線吸収剤です。

 

 

紫外線吸収剤は紫外線を防止する力が
散乱剤よりはるかに高く、
肌に塗った際に白くならないのが特徴です。

 

 

しかし紫外線吸収剤には
皮膚毒性があり、
厚労省により配合量が
決められています。

 

 

紫外線吸収剤よりマシなのは
紫外線散乱剤です。

 

 

ノンケミカルと言われる
日焼け止めです。

 

 

紫外線散乱剤は、
「酸化チタン」や「酸化亜鉛」を配合し、
肌の表面で紫外線を散乱させて
ブロックするものです。

 

 

ただし、最近の紫外線散乱剤は、
紫外線防御効果を高めるため、

 

 

また肌に塗った際の
透明感を高めるために

 

 

超微粒子化した粉末が
使用されています。

 

 

その超微粒子の粉末は
皮膚のバリア機能をかいくぐって、

 

 

皮膚の奥深くまで入り込み、
肌トラブルを起こし得ます。

 

 

また、散乱剤自体が紫外線を浴びると、
肌に有害な活性酸素を発生させます。

 

 

また、市販されている日焼け止めには
紫外線吸収剤、散乱剤

 

 

どちらにも乳化剤として
合成界面活性剤が配合されています。

 

 

紫外線を防ぐために
日焼け止めを塗ると、

 

 

紫外線防止のための化学物質と、
合成界面活性剤の両方で

 

 

皮膚の構造が破壊されるのです。

 

 

紫外線からお肌を守るのに
一番良い方法は

 

 

帽子、日傘、UVカットマスク等で
物理的に紫外線に浴びないようにすることです。

 

 

Pocket

▲pagetop