クレンジング誕生物語

ワイエスラボクレンジングオイル
Pocket


【クレンジング誕生物語】

 

 

クレンジングオイルが
どのように出来上がったのかを
お伝えさせてください。


クレンジングの目的は、
油性の化粧をオイルで
浮き上がらせることです。


市販のクレンジングは、
オイルに合成界面活性剤が
配合されているので、


浮き上がらせた後、
水で洗い流すことができます。


ワイエスラボクレンジングオイルは、
合成界面活性剤が
配合されていないので、


洗い流すことは出来ず、
ティッシュで軽く押さえた後に
石鹸で洗い流します。


ひと手間かかりますが、
お肌に有害な合成界面活性剤が
配合されていないことが
最重要です。


ワイエスラボクレンジングオイルは、
オリーブスクワラン100%です。

クレンジングとしては
他のオイルでも可能でしたが、


何故オリーブスクワラン100%に
こだわったのか?


いろいろなオイルを
自分の顔で実験しました♪


オリーブオイル:
洗い上がりがしっとりして、
乾燥肌の方にはgood。


しかし、べとつきが気になる。
「オレイン酸」が主成分で、
ニキビが出る方は悪化する。


酸化すると独特のにおいがする。


椿オイル:
オリーブオイルより
べとつきが強い。


オリーブオイルと同じく
ニキビが悪化する。


セサミオイル:
オリーブオイルよりは
さっぱりとしている。
ゴマの匂いが気になる。


ホホバオイル:
あまりべとつかず、
さらっとしている。


酸化しにくく扱いやすい。
品質が良いものは高価すぎて
クレンジングとして
たっぷり使えない。


スイートアーモンドオイル、
ローズヒップ油、月見草油:
お肌に良いオイルだが、
高価すぎてクレンジングとして使えない。
酸化しやすい。


その他、アルガンオイル
ココナッツオイル等も
クレンジングとして使えるが、

 

アレルギーを起こす可能性がある。


オリーブスクワラン:
オリーブの果実から
絞り出されたオリーブオイルのなかで
約5%しか取れない貴重なオイル。


伸びがよく、さらっとしている。
人間の皮脂に似ていて刺激が少ない。


酸化しにくい。安価ではないが、
クレンジングとして
たっぷり使えるくらいの金額。


サメスクワラン:
オリーブスクワランより
さっぱりしている。


酸化しにくい。
純度の高いものは
高価すぎてクレンジングとしては
使えない。


オイルは酸化してしまうと
お肌の刺激になります。


酸化しにくい。高価すぎない。
お肌にやさしい。
アレルギーが起こりにくい。


すべてを満たしているのが
オリーブスクワランだったのです!
ワイエスラボクレンジングオイル

Pocket

▲pagetop