コラーゲンの効果

コラーゲンの効果
Pocket

今回はコラーゲンの効果についてです。



皮膚を構成する大部分は、コラーゲンからできているので、
お肌にとってコラーゲンはとっても大事なものです。

 

化粧品コーナーには洗顔料からクリームまで、
いろいろなものにコラーゲンが配合されています。

 

「コラーゲン入りの化粧品」を使うと、
皮膚のコラーゲンが増えて美肌になると思っていませんか?

 

そんなことはありません!
みなさん、コラーゲンの効果を過信し過ぎです!

 

まず、コラーゲンはとても分子の大きな物質なので、
皮膚には吸収されず、皮膚深くのコラーゲンがある層には到達しません。

 

最近はコラーゲンをとても小さくする技術が開発され、
皮膚の奥に届くコラーゲンもあるようです。

 

しかし、皮膚のコラーゲンがある層に到達したからって、
皮膚のコラーゲンと合体したり、コラーゲンの働きを強めたりは出来ません。

 

コラーゲン配合の化粧品は皮膚の表面を覆って
保湿の役割をするのには役立つくらいと認識しましょう。

 

もう一つ、「コラーゲンを摂取すると、皮膚のコラーゲンは増えるでしょ?」
とよく聞かれるので、お答えします。

 

そう単純ではありません。

 

コラーゲンを摂取すると、消化されてアミノ酸に分解され再び腸から吸収されます。
アミノ酸は体の様々な所で必要とされているので、
まず、生きていくのに必要な場所に分配されます。

 

皮膚のコラーゲンには、アミノ酸が余ったら最後に分配されると思ってください。

 

ではどうしたら、皮膚にコラーゲンが増えて美肌になれるの?

 

キーワードは「成長ホルモン」です。

 

成長ホルモンが分泌されるとコラーゲンが増えて
お肌のハリが回復するということがわかっています。

 

成長ホルモンは運動と睡眠時に分泌されます。
適度な運動と睡眠時間の確保は美肌にはとっても必要なことなのです。

 

成長ホルモンを多く出すのには「加圧トレーニング」が有効です。
これは、またの機会に述べますね。

 

 

先日テレビで、コラーゲンを食べたら皮膚がプルプルになるのか?
を検証する番組をしていました。

 

コラーゲンを含む食事を2~3日取って、
肌の弾力性を測るという主旨の内容です

 

結論はコラーゲンを食べると弾力性が増して、
皮膚がプルプルになるとのことでした。

 

ん~、どうなんでしょう?

 

肌の弾力性は、睡眠時間、運動、食生活等でも毎日全然違います。
コラーゲンを数日食べただけで弾力性が増えたとは思えません。

 

 

ひとつお得な内緒の情報があります♪

 

 

 

ゼリーを作るゼラチンを毎日コツコツと摂取すると

お肌にハリがでます。

 

 

 

ゼラチンを構成するアミノ酸が

お肌のコラーゲンに分配されやすい性質であることと、

 

 

 

毎日摂取することで生命に大事なところで使われても

皮膚にも行き届くようになるからです。

 

 

 

毎日コツコツが大事ですよ。

一日に1~2袋(ゼリー200ml~400ml分)です。

 

 

 

多すぎると腎臓に負担がかかるのでダメです。

 

 

 

コラーゲンサプリはどうなの?と

よく質問されますが、

 

 

 

コラーゲンサプリやコラーゲンドリンクには

いらない添加物がたくさん入っています。

 

 

 

高価なコラーゲンサプリやドリンクに騙されないでください。

 

 

 

安いゼラチンが一番♪

 

 

 

私はお味噌汁に入れたり、お茶に入れたり

ブラックコーヒーでゼリーを作ったりして

毎日ゼラチン食べていますよ♪

 

コラーゲンの効果
 

 

Pocket

▲pagetop