いつまでも健康に生きる秘訣

IMG_8518
Pocket

【いつまでも健康に生きる秘訣】

 

 

今日は愛犬さくらの

11歳の誕生日

 

 

約2年前はもう長くないかも。。。

と思うくらい

 

 

ほとんど寝たきりで体調が悪かったさくらでしたが、

今ではとっても元気。

 

 

どうして元気になれたのか。

 

 

さくらから教えてもらったことを

シェアさせていただきます♪

 

IMG_8518

 

 

さくらはキャバリアという

歳をとると心臓が悪くなりやすい犬種です。

 

 

さくらも徐々に心臓の機能が落ちてきて、

数年前に獣医さんに

「無理に散歩に行かないように」と

言われました。

 

 

さくらが行きたがらなければ

散歩に行かない日が続き、

 

 

ほとんど家の中で暮らすように

なりました。

 

 

あるときから家のあちこちに

ウンチをするように。。。

 

 

ボケが始まりました。

 

 

足腰が弱ってきて、

寝てる体勢から起き上がるのに

時間がかかり、

 

 

ちょっとした段差に

つまづくようになりました。

 

 

毛がどんどん抜けて

体中に湿疹が。

 

 

太っているのにヨボヨボの

ほとんど寝たきり老犬になってしまいました。

 

 

そんな時に出会ったのが、

薬を使わない薬剤師である宇多川久美子先生の

ベジタサイズ&ハッピーウォーク」

 

 

人がいつまでも元気でいるためには

正しく歩くことが重要だと

学ばせていただきました。

 

 

犬も歩けるようになれば

元気になるかも!と

 

 

嫌がるさくらを公園に連れて行き

毎日少しずつ歩かせました。

 

 

数歩歩いては転び、

自力では起きられないので起こしてあげてを繰り返し、

 

 

徐々に歩けるようになりました。

数か月後には小走りまで出来るように♪

 

 

すると、適正体重で体調がよくなり、

ウンチも再びトイレでできるようになりました。

 

 

ボケが改善されたのです!!!

 

 

毛並も回復し、

フサフサつやつやに戻りました。

 

 

これを読んでくださっている方で

ご家族にいらっしゃったらお伝えださい。

 

 

ちょっと体調が悪いからと

家に閉じこもっていたら

 

 

どんどん具合が悪くなり

寝たきりの方向へ進んでしまいます。

 

 

無理をしない程度に

歩き始めると

 

 

いつの間にか

元気になって若返っていきますよ♪

 

 

そして大事なのは

若いころから正しく歩くことを習慣にすることです!

 

 

『長生き父さん、早死に父さん。』も

是非読んでみて下さい!!!

 

nagaiki-3-707x1024

 

 

Pocket

▲pagetop