足を臭わなくする!

足を臭わなくする
Pocket


【足を臭わなくする!】

 

 

夏には足の臭いも

強烈になります。

 

 

足の臭いの原因は

雑菌が繁殖して

臭い物質が作られることです。

 

 

雑菌は高湿度、古い角質、

皮脂等が多い環境を好むので

 

 

暑くて汗をかきやすい夏には

靴の中は雑菌だらけになり

臭うのです。

 

 

水虫の人は

雑菌だけでなく

 

 

カビの臭いもプラスされるので

独特な臭いになります。

 

 

水虫持ちの方は

まずは水虫の治療をしましょう♪

(こちらを参照)

 

 

さて、足が臭わなくなるには

どうしたらよいのか。

 

 

まずは、湿気に注目します。

 

 

足の裏には汗腺が豊富で

一日にコップ1杯の汗をかきます。

 

 

通気性の悪い靴の中は

ものすごい湿気になります。

 

 

合皮やゴム製の靴は

避けましょう。

 

 

靴下の素材は通気性のいい

綿を含んだものにします。

 

 

趾間の通気性も良くするには

5本趾靴下が有効です。

 

 

女性のストッキングは

通気性が悪いので

臭いはきつくなってしまいます。

 

 

夏には素足にサンダルの方が

良いですね。

 

 

ただし、サンダルの足にあたる部分の素材が

通気性の悪いものだと、

素足でも臭いますので、

 

 

座っている時に

足が靴に触れている部分をずらしたり、

 

 

趾間を広げて

空気の入れ替えをはかりましょう♪

 

 

靴の湿気対策として

毎日同じ靴を履かない。

 

 

天日干ししても良いものは

紫外線消毒する。

 

 

革製の靴は日陰で

風通しが良いところに干しましょう。

 

 

次に足に注目します。

 

 

足はきれいに洗うのが大原則です。

趾間も爪の溝も丁寧に洗いましょう。

 

 

しかし、角質を削ってしまうような

ゴシゴシは禁物です。

 

 

目では確認できない細かい傷がつき

そこから悪い菌が感染しやすい状態になります。

 

 

あくまでもやさしく丁寧にです。

 

 

きちんと洗っていても

臭いが取れない方は

 

 

洗い場で、足の裏と趾間に
重曹を塗りこんで

 

 

数分おいて洗い流すと

臭いが気にならなくなります。

 

 

重層はアルカリ性で

足の臭いの元である酸性物質を中和するのと

 

 

臭いがしみ込んでいる

古くなった足の角質を

やさしく溶かしてくれるからです。

 

 

重層は薬局でもホームセンターでも

スーパーでも売っています。

 

 

スーパーでは製菓コーナーで

「ベーキングソーダ」や「タンサン」と

表示されているものです。

 

 

簡単なので、

是非試してみて下さいね♪

 

足が臭わない

Pocket

▲pagetop