ニキビ痕の治療

Pocket


【ニキビ痕の治療】

 

 

ニキビが大きく化膿し、
深いダメージを受けた皮膚が
凹凸したニキビ痕に対して、


皮膚のコラーゲンを
再生させる治療をします。


皮膚を再生させるためには
皮膚に穴をあける


フラクショナルレーザーを
用います。


当院では
アファームマルチプレックスと
エコ2というレーザーを使います。


これらレーザーを照射し、
肌に小さな穴をあけます。


穴の周囲の細胞は
再生が促され、
新しい肌に入れかわります。


さらに長期的に
は新しいコラーゲンの再生も
促進されます。


治療は簡単ではありません。
使うレーザーによってダウンタイムが
違いますが


治療後3日から1週間は
お顔が赤いと思ってください。


その後茶色い皮膚になって
1~数週間かけて元の
肌色に戻ります。


それを何度も
繰り返す必要があります。


出来るだけ早く
ニキビ痕治したい方に
おすすめの方法は


一度陥没した痕を
削ってしまうことです。


ニキビ痕の凸凹が
目立つのは、


凸凹の角が影になり、
周囲とのコントラストが
目立つのです。


その角を削って
新しく皮膚を再生させるのです。


ただし、この治療は
2週間きちんとガーゼを
貼っていただくことが
絶対に必要です。


また、その後半年~1年くらい
削った部分が赤いです。


つらい治療です。
でも、とてもきれいになります。

 

 

Pocket

▲pagetop