トランス脂肪酸を避ける

Pocket


【トランス脂肪酸を避ける】

 

トランス脂肪酸とは
植物油に人工的に水素を添加し、

 

 

自然界にはない形になった

脂肪酸で


心筋梗塞や狭心症の
リスクを増加させ、


アレルギー疾患を
増加させることが


確認されている
質の悪い油です。


時間がたっても
酸化することがなく、


カビも生えず、
腐らない油なのです。


トランス脂肪酸が
体内に摂取されると
酵素が大量消費され、


それでも代謝できず
体内にとどまり
悪さをします。


マーガリン、ショートニング、
ファットスプレッド、


またそれらを
原材料に使った


パン、ケーキ、ドーナッツなどの
洋菓子に多く使われています。


一昔前、トーストに
マーガリンを塗って
食べる朝食は、


バターの動物性油脂より
健康にいいと
思われていましたが、


とんでもないことだったのです。


マーガリンの箱の裏の
成分表示をみてください。


「食用精製加工油脂」との
表示がありますね。


それがトランス脂肪酸です。


ファストフードの揚げ物に
使っている油脂は
トランス脂肪酸です。


いつまでも酸化せず、
時間がたっても
美味しく感じる


フライドポテトや
フライドチキンを
作るために使われています。


アメリカでは徐々に
トランス脂肪酸の使用を
禁止する州が増え、


2013年11月に
アメリカ食品医薬品局(FDA)は


アメリカ全土で
トランス脂肪酸の食品使用を
全面禁止にする方針を
打ち出しました。


世界中で
トランス脂肪酸の害について
議論されるようになってからは、


日本でも各々の企業が
トランス脂肪酸を


減らしていく努力をしますとの
見解を述べましたが、


日本政府による規制はなく、
野放し状態になっています。


あのカリカリ、サクサクの
ポテトは、
トランス脂肪酸まみれなのです。


昔はとっても美味しいと
思って食べていましたが、


もう口にする気がしません。
無知とは恐ろしいことです。


みなさんも
ご自分が今口にしているものが、


体やお肌に良いものなのか、
腸内環境には?
酵素を無駄使いしない?


と考えながら、
食べものを摂取しましょうね。

 

 

Pocket

▲pagetop