お肌に悪いオーガニック化粧品

Pocket


【お肌に悪いオーガニック化粧品】

 

 

「オーガニック化粧品」って、
天然成分から作られた、

 

 

お肌にやさしい化粧品って
イメージですよね。

 

 

「オーガニック化粧品」とは
「農薬、化学肥料などの
化学薬品を使わずに

 

 

昔ながらの有機栽培で育てた植物から
得られる原料が入っている化粧品」
のことです。

 

 

世界には
オーガニックの品質を保証する
認証団体あり、

 

その団体に認められた原料を
使っていれば

 

 

「~認定のオーガニック化粧品」と
称することができます。

 

 

では、オーガニック団体に
認められれば

 

 

本当に肌にやさしい化粧品に
なるのでしょうか?

 

 

実際は、原材料の何割かに
オーガニックの植物を使っていて、

 

 

残りはお肌トラブルのもとになる
合成界面活性剤や防腐剤の他、

 

 

様々な物質が配合されていることが
多いのです。

 

 

そもそも、オーガニックの植物は
本当にお肌にやさしいのでしょうか。

 

 

自然界に存在している植物には
毒もあるし、
薬の原料になるものもあります。

 

 

人によっては
アレルギーを起こすかもしれません。

 

 

植物だから肌にやさしいとは
限らないのです。

 

 

また植物エキスを
化粧品に配合する抽出段階で、
お肌に負担のかかる薬剤を使います。

 

 

化粧品にはそのまま
混入することになります。

 

 

オーガニック化粧品は、
必ずしもお肌にやさしいわけでは
ないのです。

 

 

Pocket

▲pagetop