美容の施術は慎重に(ボトックス編)

botox_package_vial
Pocket

【美容の施術は慎重に(ボトックス編)】

 

 

今日の診療では

他のクリニックで美容施術をうけて、

 

 

困ったことになったという患者さんが

お二人いらっしゃいました。

 

 

お一人は眉間、額にボトックスをうって、

瞼が垂れて目が開けづらくなり、

眉の外側がつりあがってしまった方。

 

 

お一人は約10箇所のほくろを除去後

1年経っても傷跡の陥没が目立つ方。

 

 

今回はボトックスについてお話したいと思います。

 

 

ボトックスは注射をして良い方と

してはダメな方がいらっしゃいます。

 

 

今日いらした患者さんは

ボトックス注射を

眉間や額にしてはいけない方でした。

 

 

大手チェーンの美容外科に行って、

眉間と額のシワが気になると話をしたら、

 

 

はいは~い!っと

ボトックスを打ってくれたとのこと。

 

 

この方は

瞼の皮膚が余っているのが原因で、

瞼の筋肉だけで目を開けることができず、

 

 

額の筋肉を収縮させることで

目を開けることができていました。

 

 

だからこそなおさら

額のシワが気になる状況になっていたのでしょう。

 

 

それが、ボトックスで額の筋肉を動かせなくなったので、

瞼が下がり、

 

 

注射をしていない外側の筋肉だけが動くので、

眉の外側だけがつり上がってしまうことになったのです。

 

 

私のところにいらっしゃったら、

ボトックスをうつと目が開けづらくなるから

あなたには注射できません。と

お帰りいただく症例です。

 

 

美容の施術は

今はだいぶ手軽に身近になってきていますが、

 

 

だからといって

軽く考えてはいけません。

 

 

希望した施術を受けたら

どのようになるのか、

副作用はどうなのか等、

 

 

きちんと説明をしてもらって

自分の中で納得できたら

施術を受けるスタンスにしてください。

 

 

まったく説明もなく

はいは~い!と施術だけをするクリニックだったら、

 

 

「やっぱりやめます」と

帰ってくることをお勧めします。

 

 

botox_package_vial

Pocket

▲pagetop