体に悪い油を摂取しない

【体に悪い油を摂取しない】

 

 

オメガ6に分類される脂肪酸も
体に必要な必須脂肪酸ですが、


取り過ぎが問題になります。


リノール酸がオメガ6に
分類されますが


米、卵、肉類に含まれており
通常の食事で
十分摂取できています。


平均的な日本人は
オメガ6の必要量の
6倍以上を摂取しています。


オメガ6の取り過ぎは
アレルギー疾患、
肥満や生活習慣病の原因になります。


体を健康に保つには
オメガ6を減らし


オメガ3を多く取る食事をする
必要があるのです。


マヨネーズやドレッシング、
通常の料理につかうサラダ油は


あまり摂取しないように
気をつけましょう。


お料理にはオリーブオイルが
お薦めです♪


動物性脂肪や乳脂肪は
体に不必要な油です。


体内のコレステロールや
中性脂肪を増加させ


動脈硬化や高脂血症などの
生活習慣病の一因となります。


お肉を食べる時、
ついている脂は
できるだけ取り除きましょう。


前にもお話ししましたが
トランス脂肪酸は
一切摂取してはいけません。


マーガリン、ファットスプレッド
ショートニング。
ファストフードの揚げ油です。


諸外国では
トランス脂肪酸の食品使用が


禁止の方向に進んでいるのに
日本では国による規制がないので、


知らないうちに
口にしていると思います。


今食べようとしているものに
何が入っているのか
裏の表示を見て


ご自分の体の健康を
守りましょう。


酸化した油も
体に悪い油です。


揚げ物類は時間が経ったものは
食べないようにしましょう。

 

 

▲pagetop