子供用日焼け止めはお肌にやさしいのか?

cbd1a3caea53b6e097f10c0d7ece92aa_s
Pocket

【子供用日焼け止めはお肌にやさしいのか?】

 

 

最近はお肌の弱い方でも

使えると宣伝されている、

 

 

さらっとした使い心地の日焼け止めが

薬局の店頭にたくさん並んでいます。

 

 

いろいろな化粧品サイトで

日焼け止めのランキングが
ありますが、

 

 

最近の傾向はやはり、

ジェル上のべとつかないものに

人気が偏っているようです。

 

 

 

そして、

「赤ちゃん用」とか

「子供用」とか

「石鹸で落とせる」など

書いてあると、

 

 

お肌にやさしい日焼け止めだと

思いますよね。

 

 

子供用だから大丈夫!と

多くのお肌が弱い方が

使っていらっしゃいますよね。

 

 

ためしに手に塗ってみると

ベタベタしてなく

さらっとしているので、

お肌にやさしいような気がします。

 

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

 

さらっとした日焼け止めは

どれも成分は似たようなものです。

 

 

代表的な日焼け止めの全成分を

みてみましょう。

 

 

『ニ○アサンプロテクトウォータージェル

子供用の全成分』

 

 

nibea

 

 

水、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、PG、シクロメチコン、

オクチルトリアゾン、酢酸トコフェロール、ヒアルロン酸Na、

ポリクオタニウム-51、ユーカリエキス、BG、

(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、

カルボマー、セテス-10、メチルパラベン、

フェノキシエタノール、水酸化Na

 

 

太字で記したものは

紫外線吸収剤です。

 

 

紫外線吸収剤とは

受けた紫外線を吸収して

化学変化が起こるので、

 

 

お肌に負担がかかりやすい

化学物質の代表です。

 

 

また、合成界面活性剤

シリコン、防腐剤。。。

 

 

さまざまなお肌に負担がかかる物質が

配合されています。

 

 

いかにもお肌に悪そうな

水で流れ落ちない

ウォータープルーフとの違いは

 

 

配合されている

シリコンの量だけです。。。。

 

 

宣伝文句に惑わされず、

真実を見極める力をつけましょう。

 

cbd1a3caea53b6e097f10c0d7ece92aa_s

 

Pocket

▲pagetop