夏に臭わない方法

夏に臭わない方法
Pocket

【夏に臭わない方法】

 

 

毎日暑いですね♪

 

 

外に出ると

一気に汗が噴き出てきます。

 

 

その後に来る、たら~と流れる感触は

あまり気持ちの良いものではありません。

 

 

でも、汗のおかげで

体温が調節されて

熱中症にかからずに済んでいます。

 

 

汗ちゃん、頑張ってくれて

ありがとう♪

ですよね!

 

 

ところで、汗をかいて

気になるのが臭い。

 

 

自分の体からイヤな臭いを発するのは

避けたいところ。

 

 

汗が分泌された後、

皮脂や垢と混ざり、

 

 

時間が経って雑菌が繁殖することで
臭いが生じます。

 

 

ですから、汗をかいたら

早めにシャワーで流すことが

 

 

臭いを発しない

最強の対策になりますが、

 

 

そうもいかないですよね。

 

 

普段から気を付けることで

汗をすぐに流せなくても、

 

 

臭いにくくなる対策を

実践しましょう。

 

 

①着るものに気を付ける。

 

 

通気性の悪い化学繊維は

汗をこもらせ、

 

 

雑菌が繁殖しやすい状況を

つくります。

 

 

肌に直接あたる下着は

綿100%にし、

 

 

肌に密着しない
ゆったりとした

服装を心掛けましょう。

 

 

②お風呂は夜ではなく朝に

 

 

寝ている間にかいた汗は

すでに皮脂や垢と混ざって
細菌が繁殖しています。

 

 

そのまま外出して

汗をかくと、

すでに臭う状況になっています。

 

 

③市販のデオドラントシートは使わないで

塗れたハンカチ等で拭く

 

 

市販のデオドラントシートを使うと

一時的にはすっきりして

 

 

汗のにおいがしない気がしますが、

すぐに臭うようになります。

 

 

デオドラントシートには

殺菌するためのアルコールや

 

 

その他の殺菌剤が

配合されています。

 

 

殺菌剤で皮膚表面に住む

常在菌のバランスが崩れます。

 

 

そして、臭いを発生しやすい菌が優勢になり

臭いが強くなります。

 

 

また、肌の弱い方は

デオドラントシートで
かぶれを起こしやすいので

 

 

塗れたハンカチで汗を
やさしく拭いましょう。

 

 

乾いたハンカチでは

水分のみが取れて

 

 

皮膚表面に塩分や皮脂、

繁殖した雑菌が残りますので、

塗れたハンカチが良いのです。

 

 

④脇汗を少なくする注射をうつ

 

 

汗の分泌を抑える

ボトックスという注射があります。

 

 

脇に注射を打つと

約半年間は
脇の汗の量がグンと減ります。

 

 

今回の汗の話は

体温を調整する

「エクリン汗腺」から出てくる

通常の汗についてです。

 

 

いわゆる「ワキガ」については

別の機会でお話しさせていただきます。

 

 

 

夏に臭わない方法

 

 

 

Pocket

▲pagetop