オールインワンゲル

オールインワンゲル
Pocket

今回はオールインワンゲルについて
考えてみましょう。

 

 

「これひとつでお肌プルプル♪」

 

 

忙しい女性のために開発された
大人気のオールインワンゲル。

 

塗ると確かにお肌が潤う気がしますね。

 

 

洗顔したあと、
ゲルをとってお顔に塗りこむワンステップで、
きれいな肌になれるので、

 

 

忙しい朝も、疲れた夜も
とっても重宝。。。とは思います。

 

 

本当にそれでいいのでしょうか?

 

 

オールインワンゲルの成分内容を見てみましょう。
○カルボキシビニルポリマー
○カルボマー(カルボキシビニルポリマーの略)
○キサンタンガムクロスポリマー
etc.

 

 

たくさん合成ポリマーが配合されています。
プルプルしているのは合成ポリマーの働きです。

 

 

合成ポリマーとは、
いわゆるビニールのようなものです。

 

 

水に溶けるビニールであれば、
お肌に塗って水分が蒸発すると
お肌に膜ができて

”つやつや”に見えることは想像できますよね。

 

 

では、合成ポリマーをお肌に塗ると
どのようなことが起こるのでしょう。

 

 

○汗や皮脂を排出するための皮膚が、
ビニールによってふさがれてしまい、
肌本来の機能を発揮できなくなる。

 

 

○皮膚の常在菌が住みにくい環境になり、
常在菌が減ると皮膚が不健康になる。

 

 

ただし私は、合成ポリマー単体では
そんなにはお肌に悪さをしないと
思っています。

 

 

ほとんどのオールインワンゲルには
合成界面活性剤も配合されています。

 

 

その合成界面活性剤が
直接お肌にダメージを与えます

 

 

肌が悲鳴をあげて乾燥が進んでいるのに、
合成ポリマーが配合されているおかげで、
肌表面は潤っているように見えます。

 

 

そうして肌ダメージに気が付かず、
どんどん時が過ぎていく
のです。

 

 

気が付いた時には、しわだらけ。。。。

 

 

それが恐ろしいのです。

 

 

オールインワンゲル

 

Pocket

▲pagetop