なぜパッチテストをしてくれないのか、考えてみた。

パッチテスト
Pocket


【なぜパッチテストをしてくれないのか、考えてみた。】

 

 

昨日の投稿で

お顔が赤くかゆくなったときに

 

 

皮膚科に行って

まずは、化粧品のパッチテストを

受けることをお薦めしました。

 

 

しかし、

皮膚科に行っても

 

 

皮膚科医師は

積極的にパッチテストを

してくれないことが多いようです。

 

 

何故なんだろうと

考えてみました。

 

 

①パッチテストは

時間がかかって
スタッフも一人取られて面倒なのに

 

 

いただける診療代が

ほとんどない。

 

 

皮膚科はどこも

混んでいます。

 

 

一人の患者さんに時間がとられるのを

避けたいと思うのは
仕方がないのかもしれません。

 

 

②皮膚科の先生が

化粧品によって顔がかぶれる頻度は

高くないと思っている。

 

 

多くの先生がこれなのでしょうか。。。

 

 

③もし、化粧品全部が肌に合わない結果が出ても、

勧める化粧品を知らない。

 

 

基礎化粧品がすべて合わない患者さんに

保湿剤を処方する先生が多いのですが、

 

 

そのような患者さんは
保湿剤にもかぶれる可能性が高いです。

 

 

私も、処方薬の保湿剤は

どれも使えません。

 

 

そして、ファンデーション類に
かぶれている方に

何を使ったらいいの?

 

 

と聞かれても、

答えられない先生が多い。

 

 

私も、化粧品を自分で開発する前は

何も勧めることができなくて

本当に困っていました。

 

 

たまに、各クリニックで扱っている
化粧品もありますが、

 

 

それらも敏感肌用と書いてあっても、
肌に負担がかかる成分が
たくさん入っているものです。

 

 

製薬会社が薦めてきたから

置いているというところが多いですね。

 

 

ですから、それを患者さんが使っても
また肌に合わなくて

症状は改善しません。

 

 

③は、そこまで考えて

パッチテストをしない先生は
少ないと思いますので

 

 

やはり②なのでしょう。
そして①も。

 

 

②であることは

他医でついた診断名でもわかります。

 

 

他医で診てもらっても

改善しないからと

私のところに来て

 

 

パッチテストで

化粧品が原因と判明した方の
ほとんどは

 

 

「脂漏性皮膚炎」か

「酒さ」

 

 

と、病名を言われたと

おっしゃいます。

 

 

ですから、

化粧品が原因とは考えなかった
ということです。

 

 

患者さんの

お顔の赤み、かゆみが

 

 

化粧品が原因であることが

多いとたくさんの先生方に
認識していただくことが、

 

 

酒さ様皮膚炎の患者さんを

増やさない第一歩なのでしょう。

 

パッチテスト

 

Pocket

▲pagetop